福岡南キリスト教会イメージ画像

ごあいさつ

今から100年前、アメリカ南部バプテスト派の宣教師C・K・ドージャーは27才で来日し、福岡の地に導かれて西南学院を創立しました。
教育の根底にキリスト教の信仰を据え、日本バプテスト連盟がそれを支えています。私たち福岡南キリスト教会も、聖書から教えられ育てられてきました。
特に生涯教育の場として、母親・父親教育、乳幼児教育、学校教育を考えながら活動をすすめています。人生のいかなる場も学びのチャンスがあります。
聖書のことばに耳を傾け、知恵をいただいて共に歩み学びましょう。

教会のヴィジョン「隣人と子どもたちに仕える教会」

聖句「子どもたちを来させなさい。私のところに来るのを妨げてはならない。天の国はこのような者たちのものである。」(マタイ19:14)

集会のご案内

毎週日曜日 9:40〜10:00 教会学校
  11:00〜12:00 主日礼拝
毎週木曜日 19:30〜20:30 祈り会

学生のみなさまへ

福岡市内にはキリスト教プロテスタント(新教)学校が二つあります。創立100年以上の福岡女学院(ミッション)と、西南学院です。
いずれも幼稚園、小学校(西南学院のみ)、中学、高校、大学をもつ大きな学校で、学生の皆さんが教会の礼拝に出席することをすすめています。
どうぞ、当教会の礼拝にご出席ください。静かな黙想と讃美、神のことばへの傾聴、交わりと出会いの時を共にいたしましょう。心よりお待ちしています。

ページの先頭へ

お知らせ

ページの先頭へ

所在地

日本バプテスト連盟
福岡南キリスト教会

〒811-1355 福岡市南区桧原2-54-7
Google Mapはこちら

〈連絡先〉
Tel&Fax:092(986)1306
e-mail:church@fukuoka-minami.com

福岡南キリスト教会

ページの先頭へ

牧師紹介

牧師 有吉 光寛

1943年
福岡市生まれ
1955年~66年
西南学院中、高、大学商学部卒
1980年
西南学院大学神学部卒業
鳥飼バプテスト教会、筑紫野二日市キリスト教会で奉仕
2003年
福岡南キリスト教会牧師就任、現在に至る。
34年間桧原こひつじ幼稚園の園長をつとめる。
その間シュタイナー教育と出会い、実践とともに幾多の研修会を催しその発展に尽力した。
現在も経験を活かして子育て支援を行なっている。

伝道師 柴田公文

1953年
長崎県福江市生まれ
1966年~77年
西南学院中、高、大学法学部卒
1999年
筑紫野二日市キリスト教会にて受洗
2006年
九州バプテスト神学校卒
2006年
福岡南キリスト教会伝道師就任、現在に至る。

ページの先頭へ

沿革

2003年

1月12日
筑紫野二日市キリスト教会の臨時総会にて桧原伝道所開設を申請
3月16日
筑紫野二日市キリスト教会の年度末総会にて桧原伝道所開設と有吉光寛牧師就任を決議
3月30日
筑紫野二日市キリスト教会にて「桧原こひつじ伝道所会員派遣式、有吉光寛牧師任命式」
4月6日
第1回 主日礼拝を桧原こひつじ幼稚園にて行う

2005年

4月10日
キャンプヒル古屋敷ビレッジ(里親ファミリーグループホーム)開設記念礼拝
説教 「子どもたちは主の賜物」岡秀雄 師

2008年

4月27日
「福岡南キリスト教会」に名称変更
8月18日
キャンプヒル古屋敷ビレッジを桧原2丁目54番7号に移転
8月24日
主日礼拝会場をキャンプヒル古屋敷ビレッジに変更

2011年

3月16日
キャンプヒル古屋敷ビレッジ組織変更
福岡市指定第2種社会福祉事業(小規模住居型児童養育事業)としてファミリーホーム認可
それに伴い、一般社団法人ディアコニア アガペ・ヴィレッジと名称変更する

ページの先頭へ

奉仕

ディアコニア アガペ・ヴィレッジ

ディアコニア アガペ・ヴィレッジイメージ画像

隣人に仕える教会

当教会にとって隣人とは、まず子どもたちを第1に考えています。
中でも家庭において育児困難な子どもたちは、国が保障して社会や地域の大人によって守られなければなりません。

当教会は、その責任の一端を担い福岡市指定の第二種社会福祉事業、小規模住居型児童養育事業を引き受けています。
そのため、一般社団法人ディアコニアを設立し、第二の家庭「アガペ・ヴィレッジ」を運営しています。
明るく元気な子ども達が現在6名生活しています。

自主保育サークル「もりのたね」

もりのたねイメージ画像

もりのたねは、当教会が母体となった自主保育グループです。
『親子でのびのび成長したい』との想いから始まり、外遊び、季節の活動をしています。

自然と触れ合いながら、たくさんの可能性を秘めた『たね』のようなこどもたち・・・
ちょっと大きな家族のような集まりになれば、そして子どもたちだけでなく、おとなだって輝きたい♪
お母ちゃんたちにとっても楽しみや憩いの『もり』になればと思っています。

もりのたね活動ページはこちら

ページの先頭へ

フォトアルバム

ページの先頭へ